魚群探知機やフルイ機がスゴイ!魚の進行方向まで把握する

三人の男性

ふるい機と現場循環型工法

機械

土木・建築工事現場等において、現場循環型工法と呼ばれる取り組みは、環境を保全する上で実施しなければならないものとなりました。この現場循環型工法というのは、従来の工事現場において発生する副産物は適切な場所へ運び捨てるといったことに対して工事現場で発生した副産物を捨てず、再利用するといった概念を基にした取り組みなのです。工事現場における副産物は年々増加している傾向にあり、資源を無駄にせず環境を保護するためにも現場循環型工法は必要な取り組みなのです。
この取り組みを実施する際に活躍する特殊機械に、ふるい機と呼ばれるものがあります。このふるい機は粉砕機とも呼ばれている特殊機械で、土木・建築工事現場等で発生したコンクリートガラなどの副産物を再利用することを可能にした機械です。ふるい機は製鉄所等で発生するスラグの処理を行うこともできるほど、幅広い現場で現場循環型工法を実現します。その仕組みとしては、コンクリートガラは岩石といった副産物をふるい機内に流し込むことによって、ふるい機はその副産物を細かく粉砕します。コンクリートガラであれば鉄骨などの金属を含む場合があり、粉砕での再利用は難しいかと感じるかと思いますが大丈夫です。ふるい機は粉砕した副産物を金属かそうでないかで分別する機能も備えています。そのようにして分けられた副産物はそれぞれに再利用資源として活用されます。岩石やコンクリートガラはクッション材や山砂、ぬかるんだ道の仮改良用の砂として使用されます。金属に関しても砕くことで溶かして再利用することが容易になります。ふるい機を導入することで、処理費用を支払うどころか副産物から再利用できる資源を作り出しそれも利益にすることができます。環境を守ることにも繋がるので率先したふるい機の導入をお勧めします。