様々な現場で活躍する特殊機械|魚群探知機やフルイ機について知る

男の人

残土と廃棄物の分別

作業員男性

土木・建設工事現場等においてその工事の副産物である建築発生土はしっかりと残土処理することで資源を最大限に活用することに繋がります。残土中に混ざっている廃棄物を分別するために振動フルイ機を導入し、適切な残土処理をしましょう。

View Detail

ふるい機と現場循環型工法

機械

様々な工事現場で発生するコンクリートガラや岩石、木材といった副産物を捨てずに全て再利用することを目的に現場循環型工法と呼ばれるものがあります。ふるい機を導入することでより効率的に副産物を再利用可能な資源に変えることが可能です。

View Detail

高性能な魚群探知機

複数の魚

漁業において重要となるのが1日の水揚げノルマです。卸業者から依頼された水揚げ量を達成できなければ、場合によっては卸業者から依頼を打ち切られる可能性があり、確実に大量の魚を獲る必要があるのです。大漁を実現するためには、港を出港してから早い段階でのポイントの決定です。このポイント選びを間違えると、仕掛け等が無駄になり1日の時間を大幅にロスすることになります。そうなってしまうとそのポイントを選んだ船長は船員からの信用を落としてしまう他、ノルマも達成できない可能性があります。ノルマを達成できなかった場合には船員に給料を払うことすらできなくなることもあるので、それだけは回避すべきです。
船長のポイント選びを手助けする漁の必須アイテムに、魚群探知機と呼ばれるものがあります。魚群探知機は超音波を利用した技術で、船底から放った超音波が海底に当たって返ってくる性質を利用し海中にいる魚の位置を特定するものです。近年では、従来の魚群探知機で使用されている超音波よりも高性能なCHIRPソナーと呼ばれる技術を使用した魚群探知機が注目されています。CHIRPソナーであれば、従来のものでは発見することのできなかった根魚まで特定でき、魚群に関しても固まった表示ではなくより詳細な情報まで知ることができるようになりました。CHIRPソナーは、水深500Mの海域であってもその性能を多いに発揮し、魚群の引数までしっかり特定してくれます。場合によっては、魚の進行方向まで把握することができるでしょう。こういった高性能な超音波を備えた魚群探知機を導入することで、船長はより正確なポイントを選定し、ノルマ以上の水揚げ量を達成することも可能となるはずです。

産業用クレーンの安全保守

PCを見る作業者

産業用クレーンはとてもサイズの大きな特殊機械で、その点検・保守には時間が掛かります。点検業者に依頼することによってスムーズで適切な点検を行なってくれるでしょう。

View Detail